So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
最上位のブラックカード
So-net無料ブログ作成
検索選択

円形脱毛症の原因 [円形脱毛症 原因]

円形脱毛症は、子供でも知っている大変有名な病名ですが、その原因となると誰も答えられないのではないでしょうか。 円形脱毛症になる年齢もまちまちで、若くして10代から症状が出る方もいらっしゃいます。


現在有力な説は、『自己免疫反応によって引き起こされる自己免疫疾患である』です。
多発型より重症なタイプの円形脱毛症 は、医学用語では
臓器特異的免疫疾患』 ということです。


どういうことかというと、普通の免疫反応とは、自分の体にウイルスや細菌などの異物が
侵入してきた時、リンパ球が抗体を生み出して外敵を攻撃したり、排除するものです。
ところが、何らかの要因で自分の体の成分を「異物」と認識して攻撃し、破壊することがあります。
これがいわゆる、『自己免疫疾患』です。


円形脱毛症の場合、髪の毛の細胞だけを特定して攻撃するので髪の毛は抜けてしまいますが、
他の臓器にはまったく影響がありません。


円形脱毛症の方の、脱毛を起こしている毛包を調べるとその中や周辺部位が炎症を起こし、
リンパ球が集まっているそうです。
リンパ球の種類はいろいろありますが、免疫反応を促進するもの、抑制するものがあり、
そのバランスが崩れることで自分の細胞などを攻撃して、脱毛を引き起こすのです。
これが、円形脱毛症の原因と言われている学説のひとつです。



ストレスが原因らしい
ストレスを感じるとは考えにくい生まれたばかりの乳児にも発症例があることから、
現在では精神的ストレスは原因の1つであっても、主たる原因は体内のアレルギー
合併するなどによって自己免疫異常が引き起こされているのではないかと考えられています。
また肉体的ストレス、ウイルス感染なども誘因の一つと言われています。


10円玉ぐらいの形に脱毛する
必ずしも円形になるわけではありませんが、最も多く見られるのがこのタイプなので
そんな偏見が生まれたのでしょう。

円形脱毛症で多くの人が思い浮かべるのは、この2点です。
どちらも間違いではありませんが、実際のメカニズムはもっと複雑です。


この病気は、ヘアサイクルの成長期にある髪の毛の毛母細胞が一度に死んでしまうことで、
脱毛が起きます。
脱毛の種類はおおまかに分類して5種類あります。
次のカテゴリでご説明します。





nice!(0) 
共通テーマ:健康
Add to Google
My Yahoo!に追加
薄毛・育毛の真実

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。