So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
最上位のブラックカード
So-net無料ブログ作成
フィナステリド(プロペシア)の治療について ブログトップ

フィナステリド(プロペシア)の治療について [フィナステリド(プロペシア)の治療について]

テレビCMで爆笑問題が男性型脱毛症AGAはお医者さんで治せますと宣伝したのがきっかけで、
多くの人が皮膚科に外来に掛かるようになりました。


今や、男性型脱毛症は病院で治療できるのです。
ただしですが、
100%の完治=発毛ではありませんし、未成年の場合は安全性のデータがないので
20歳になるまで服用を待ってもらわなければなりません。

食生活の欧米化から、男性型脱毛症の抜け毛に悩むのはもはや中年男性だけではないのです。
10代の高校生ぐらいから抜け毛で将来を悲観する人も増えています。

処方箋不要のプロペシア⇒http://www.idrugstore.com


20歳以上であれば年齢制限はなく、治療の対象になりますが、
50代の半ばを過ぎると発毛の効果は薄れてきます。


やはり、若い人のほうが効き目は高いのが実情です。
その理由は、50歳以上になると薄毛のグレードが進んでいるからです。
ですから、抜け毛、薄毛が気になるのでしたら、なるべく早く飲み始めたほうがいいでしょう。


脱毛外来で行われている一般的な治療プランは次のとおりです。
フィナステリド(プロペシア)の使用を考えるのはハミルトン・ノーウッドの分類でⅡからⅤまでの症状です。
Ⅴに該当される方はミノキシジルを併用することをお勧めします。
さらに進行したⅤa、Ⅵ、Ⅶの方には植毛術などの方法をお勧めしています。


わかりやすく言うと、サザエさんの波平さんのような頭になっているなら
フィナステリド(プロペシア)の効き目はあまりなくなってくるのです。
薬で生やすのではなく、外科的治療のほうが結果は早いです。


それでも、身体にメスを入れたくない人もいるのでそんな人には
効果はそれほど期待できないことを説明した上での投薬治療をすることもあります。


処方箋不要のプロペシア⇒http://www.idrugstore.com




nice!(0) 
フィナステリド(プロペシア)の治療について ブログトップ
Add to Google
My Yahoo!に追加
薄毛・育毛の真実

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。