So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
最上位のブラックカード
So-net無料ブログ作成
男性型脱毛症とは ブログトップ

男性型脱毛症とは [男性型脱毛症とは]

性型脱毛症と呼ばれる脱毛症は大きく分けると、2種類あります。

成長期にもかかわらず髪が抜けてしまう”成長期脱毛”と、
成長期が休止期に入って脱毛する”休止期脱毛”です。
男性型脱毛症は後者の”休止期脱毛”の代表例になります。


また、”成長期脱毛の代表的なものは『円形脱毛症』ですが、これに関しては別のカテゴリで詳しく書きます。


さて、男性型脱毛症AGAとも呼ばれますが、あなたもAGA の名前はよくご存知でしょう。
近年、この”病気”のメカニズムが解明され、極めて画期的な治療薬のフィナステリドが登場したことがきっかけになりました。


このフィナステリドの商品名は”プロペシア”です
     
プロペシアUSA製「ペリカン便配送」



このプロペシア のCMが頻繁に流されたことで病院を訪れる人が増え、
皮膚科が男性型脱毛症 を治療する機会が増えたそうです。


では、男性型脱毛症とはどんな病気なのかというと、
成人男性の前頭部頭頂部の毛が一定のパターンで薄くなるのが特徴です。
早い人では思春期を過ぎた20歳前後から発症しますが、 40代の男性では発症率は30%ほどだという報告もあります。

また、「朝シャンでハゲる」「ストレスが抜け毛の大敵」など様々な原因説が言われていますが、
皮膚科のある調査機関の行った調査では、
「30年前も現在も男性型脱毛症にかかる人の割合はほぼ変わらないそうです。

昔は、洗髪の頻度なんてひと月に2,3度程度でしたからね。
それでも、薄毛になる人の割合が今と変わらないのですから、
毎日洗わなくても問題ないということです。
イコール薄毛の原因は”頭皮の脂”ではないということです。


人の男性型脱毛症は今も3人に1人ぐらいの割合で発症しているので、
脱毛症としてはポピュラーなものです。
nice!(0) 
共通テーマ:健康
男性型脱毛症とは ブログトップ
Add to Google
My Yahoo!に追加
薄毛・育毛の真実

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。