So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
最上位のブラックカード
So-net無料ブログ作成
検索選択

育毛剤と発毛剤 (男性用) [育毛剤と発毛剤]

飲み薬のフィナステリドと塗り薬のミノキシジル
男性型脱毛症(AGA )の治療薬としてはこの2つが中心となっています

ただし、両方とも保険の適用外なので、フィナステリド(プロペシア)を病院で処方してもらうか、薬局で購入する場合は自費診療になってしまいます。


現在国内で保険診療で処方可能な薬剤は”円形脱毛症”や”男性型脱毛症”、粃糠性脱毛症に適応がある
塩化カルプロニウム液(フロジン液)に限定されています。

ただし、男性型脱毛症用の育毛剤、発毛剤として販売されているものは実にたくさんあります。
ミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけて分泌するアデノシンそのものを含む育毛剤がありますが、
これは実際にヒトも毛髪での改善効果も確認された”薬用アデノゲン”という商品です。


男性型脱毛症では、男性ホルモンによって毛乳頭細胞から分泌されるTGF-βが
重要な仲介役として働いていると考えられています。
このTGF-βの作用を抑制するのが、t-フラバノンです。
テレビCMでフラバノンの名前の聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
t-フラバノンは、アデノゲン同様ヒトの毛髪に対して有効であることが認められて、
サクセスバイタルチャージ薬用育毛剤”の商品名で販売されています。


また、男性型脱毛症を発症した患部とその他の頭部の毛包から毛乳頭細胞を培養し、
遺伝子の発現を比較観察したところ、エフリン(細胞間シグナル分子)やBMP(骨形成因子)の
発現が低下していました。
有効成分の6-ベンジルアミノプリンを主成分にする”薬用毛髪イノベート”はこれらを活性化する
働きがあります。




男性型脱毛症の治療薬として市販されている主な育毛剤、発毛剤を
発毛剤・育毛剤 比較表のカテゴリにまとめましたので、参考にしてください。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

Add to Google
My Yahoo!に追加
薄毛・育毛の真実

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。