So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
最上位のブラックカード
So-net無料ブログ作成
検索選択

フィナステリドの注意点 [フィナステリドの注意点]

ィナステリドは男性型脱毛症治療薬なので、飲む対象者が
大人の男性に限定されるのは当然と思われるでしょう。

しかし、男性型脱毛症を発症するのは、男性に限らないのです。
(女性が男性型脱毛症にかかる仕組みはまた別の章で説明します)


フィナステリドは、女性の脱毛症治療 には使われていません
特に、妊娠中や妊娠しているかもしれない方、授乳中の女性にフィナステリドを
処方することは禁じられています。


成人男性がフィナステリドの1mg錠を服用していると、前立腺が若干小さくなることが
わかりました。
このことで、前立腺に問題が起きることはありませんが、
前立腺がんの腫瘍マーカー検査をした時にデータが正常値の半分になりますので、
検査のときにはフィナステリドを服用している旨をあらかじめ医師に伝えてください。


献血する場合も注意が必要です
フィナステリドを服用している方は、1ヶ月間飲むのを中止してから献血してください。
これは、献血した血液が必ずしも男性の元に届くとは限らないからです。
献血した血液は不特定者に輸血されます。
妊娠の可能性がある女性にフィナステリドを含む血液が輸血されるのを防ぐためです。



フィナステリドには重い副作用もなく、健康な20歳以上の男性が服用する場合は特に注意も必要ありません
他の薬剤との飲み合わせで副作用が強まったり、効き目が薄れるといったこともないので
発毛剤として理想的な薬です。


しかし、臨床試験の結果を見ても分かる通り、100%の発毛が約束されるものでもありません。
過剰に期待し過ぎないようにしてください。


医療現場では、プロペシアで目に見える効果が現れない場合、
直接頭頂部や前頭部の生え際にに付けて細胞活性や血行の促進を図るミノキシジルと併用する
などの治療法が実施されているそうです。





nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

Add to Google
My Yahoo!に追加
薄毛・育毛の真実

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。