So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
最上位のブラックカード
So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

円形脱毛症 種類 [円形脱毛症 種類]

円形脱毛症には、大きく分けて5種類に分けることができます。
代表的な10円玉型の脱毛症の他にも、いろいろあります。


”単発型”
いちばん多く見られる症状で、円形の脱毛が1~2ヶ所に起きる。
円の大きさは直径1センチ程度から数センチと様々です。
このタイプは「ある日気がついたら抜けていた」
ということが多いようです。
この単発型のほとんどは、治療しなくても自然に治るそうです
(※治癒期間は個人差、環境差なので一概にはどれくらの期間とは明言できません)


”多発型”
頭部の数ヶ所~数十ヶ所にわたり円形の脱毛が起きます。
これは、単発型から進行して脱毛箇所が増える場合と、
最初から脱毛が多発して広範囲に広がる場合があります。


”蛇行型”
後頭部や側頭部の生え際が帯状に蛇行するように脱毛する症状です。


”全頭型”
多発型が進行して頭髪が全部抜けていく場合と、まばらに抜けていく場合があります。
どちらも、最終的には頭髪が全部抜け落ちてしまいます。
円形脱毛症 に罹る方のうち、10人に1人ぐらいはこのような重症になります。


”汎発型”
髪の毛だけにとどまらず、まゆ毛、ヒゲ、陰毛など体毛の全てが抜ける症状です。
もっとも重症なタイプです。


以上が円形脱毛症の5種類の症例です。
最後の汎発型はもはや、円形脱毛症の域を超えてしまっている気がしますが、
医学上は髪の毛も含まれるので、その範疇に入るそうです。

この記事を読んでいる方で、円形脱毛症の方がいらっしゃるなら
1人で悩まず、積極的にお医者さんに診てもらうことをお勧めします。



nice!(0) 
前の1件 | -
Add to Google
My Yahoo!に追加
薄毛・育毛の真実

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。